本物の木の住まい

古材の施工事例

  • HOME »
  • 古材の施工事例

リフォーム事例

一番の動機は”孫と触れ合う場所がほしい”
築47年の家は、こだわりを持って建てられた家で、大切に使い続けてきたが個々の部屋が区切られており3世帯が集える空間がほしいとリフォームを決意。コンセプトは”3世代世帯が集う快適な空間”




各々区切られた部屋を大きなリビングに改装するためには耐震補強が必要であり、基礎補強・耐力壁新設・柱補強などにより、偏芯率の向上を含めた補強を実施。
南側の光を取り入れるためリビングを南側に配置し、廊下とリビングを仕切る建具を開け放てば、廊下を含めた明るい大空間を演出。
すべての段差をなくし安全面も考慮。
最後に、おじいちゃんのこだわってきた古材を補強材、横架材に再利用。稲作の”ころがし”を照明器具に再生、唐笠を照明に。仕上げは無垢材に、自然塗料、漆喰壁で、お孫様にも健康で安全に過ごして頂けます。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0766-54-0462

PAGETOP
Copyright © 富山県木の住まい支援協会 All Rights Reserved.